美容室の歴史について

美容室の原点について

美容室の原点に関する情報


過去の情報一覧

美容室は明治時代から

明治4年8月9日に発布された「断髪令」により、髪結床から近代理容業として生まれ変わりました。1957年に主に女性客のために理容師法から美容師法が独立する。現在においても、「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。カットを含め、化粧・マニュキュア・エクステンションなど女性のための業となっている。ただ、現在では時代の流れもあり男性のカットをしている店も多い。厚生省の見解には、男性に対しカッティングのみを行うことができないとされている。一方、女性はカッティングのみ行うことは認められている。

日本初の美容専門学校

日本で初めての美容専門学校は、大正2年に「東京女子美髪学校」が認可され、結髪技術の教授を目的に「女髪結」の師匠たちによって設立されました。「美髪」は、この当時は美容という用語が一般的ではなかった為、理髪業界がその技術の向上を図る目的で設立した大日本美髪会から引用されたといわれています。女髪結の近代化の原点は、皮膚の生理や病理及び衛生管理など医学的知識の習得にあったと考えられます。肌と髪の手入れ法や化粧法を教授する専門校の日本女子美容術学校が、北原十三男によって、大正11年に東京で設立されました。

新着情報

2016-10-19 脱毛は専門店に任せるが更新されました。
2015-06-02 臭いから解放されるが更新されました。
2015-03-27 食物繊維で痩せるが更新されました。
2015-03-26 乾燥肌の予防方法が更新されました。
2014-12-21 歯医者での保険外治療が更新されました。